債務整理の各手続の比較,メリットとデメリット

各手続の概要

 

債務整理は主に次の3つに分かれます。

〇任意整理・・・利息を止めて,現在の負債額を長期分割で返済します。弁護士が個別に業者と交渉します。

〇自己破産・・・負債を0にします。裁判所に申立てをします。

〇民事再生・・・負債をおおむね5分の1に減額して,およそ3年分割で返済します。裁判所に申立てをします。住宅ローンを払い続けて住宅を維持することが出来ます。

 

各手続きのメリット・デメリット

  メリット デメリット
任意整理 〇基本的に今後の利息を止めることが出来る(長期的には大幅な節約)
〇通常,毎月の返済額を下げることが出来る
〇業者を選ぶことが出来る(自動車ローンのみ返済を続ける,等の選択が可能)
〇他の手続きよりも費用が安価で,簡単
〇現在の元本が減るわけではない(過払い金がある場合を除く)
自己破産

〇借金が0になる


〇他の手続きより早く,最短1年程度ですべて片付く

〇特定の職種(制限職種)の人は使えない
〇官報に掲載される
〇すべての債権者を対象とするため,特定のカードだけを残す,ということが出来ない
〇20万円以上の財産は処分が必要
〇ギャンブルや浪費があまりにひどいと許可されないこともある

〇ローン付の自動車は引き揚げ(例外あり),住宅等は競売または処分対象となる
〇手続き中,数か月の間,郵便物が管財人に転送される(少額管財の場合)

〇手続きに時間がかかる

民事再生 〇借金がおよそ5分の1まで減る
〇住宅ローンを払い続けて住宅を維持できる
〇制限職種で破産が出来ない人でも利用できる
〇20万円以上の処分できない財産があるため破産したくない人でも利用できる
〇官報に掲載される
〇すべての債権者を対象とするため,特定のカードだけを残す,ということが出来ない
〇資産を有している場合には,返済額が増加してしまう可能性がある
〇ローン付の自動車は引き揚げられる(例外あり)
〇債権者の過半数が反対した場合には,返済額が増加してしまう(給与所得者再生)か,再生不可の場合がある
〇手続きに時間がかかる

その他,債務整理共通のデメリットとして,信用情報に事故登録される(いわゆるブラックリスト)というものがあります。

破産や再生の場合でおよそ7年程度,任意整理でも最低数年間は信用情報に掲載され,しばらくはカードを作れないと言われています。

 

しかしながら,仮に債務整理をしなくても,返済を2~3か月滞らせてしまえば,それだけで信用情報に事故登録され,返済しても数年間は消えないと言われていますので,

結局は同じことです(=ブラックリストは,債務整理特有のデメリットではない,ということ)。

であれば,むしろ早期に債務整理を完了させて,信用情報から事故情報が消える素地づくりを早めに進めた方が良い,とも言えます。

 

 

 

お問合せ・ご相談予約はこちら

お気軽にお電話ください

お電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら

043-307-6325

受付時間:9時~20時
休業日:日祝 ※ただし面談は対応可能です(要事前予約)

新着情報

年末年始の休業のお知らせ
2021.12.29~2022.1.4まで休業いたします。
新年は1月5日より業務再開いたします。

アクセス

043-307-6325
住所

〒260-0032
千葉県千葉市中央区登戸1-15-32 キャピタルビジネスセンター5階4号

JR「千葉」駅徒歩7分
京成「新千葉」駅徒歩4分
千葉都市モノレール「市役所前」駅徒歩6分